特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球県大会

34チームが熱戦 対戦カード決まる /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋季関東地区高校野球県大会組み合わせ
秋季関東地区高校野球県大会組み合わせ
抽選で引いたカードを見せる山梨学院の清水雄登主将=甲府市で 拡大
抽選で引いたカードを見せる山梨学院の清水雄登主将=甲府市で

 9月2日に開幕する第70回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が24日、甲府市の小瀬スポーツ公園武道館であり、参加34チームの対戦カードが決まった。

 今大会では、夏大会に出場した峡南と甲陵、農林が部員不足のため合同チームを編成。夏大会より2チーム少ない34チームが出場し、各校の代表がくじを引いた。

 甲子園に出場した山梨学院や、10日から14日まで行われた交流戦を勝ち抜いた7チームがシード校に選ばれた。山梨学院は初戦で巨摩と対戦する。

 連覇を目指す山梨学院の清水雄登主将(2年)は「新チームに変わったが、準備はできている。一戦一戦を大事にすればおのずと結果はついてくる」と話した。

 大会は甲府市の山日YBS球場と富士吉田市の富士北麓球場で行われ、決勝は10月1日の予定。【井川諒太郎】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする