メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

教訓の風化 /静岡

 海辺に近い浜松市西区篠原地区での県営野球場建設構想では、球場に防災機能も備えられることになっている。市の担当者は「観覧席の部分を高くし、鉄筋コンクリート製の津波避難ビルと同等のものが整備されるだろう」と説明する。

 東日本大震災を受け、県は東海から九州沖を震源域とする南海トラフ巨大地震に備え、被害想定をまとめた。西区の津波の高さは最大14メートル。沿岸部では、防潮堤の整備が進んでいる。万が一、防潮堤を超える津波に襲われ球場周辺が海水につかっても、市は深さ2メートル程度だと見込んでいる。その分を盛り土でか…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです