メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

青島海水浴場(宮崎市) 南国情緒と歴史ロマン /福岡

 白い砂浜が2キロにわたって続き、海水浴客やサーファーが各地から押し寄せる宮崎市の青島海水浴場。2015年からは海水浴場の一角に季節限定で「青島ビーチパーク」がオープンし、ホットドッグやサンドイッチのほか、宮崎名物「チキン南蛮」なども味わえる。

 青島ビーチパークには飲食店5店のほか、日替わりで店の中身が入れ替わるポップアップストアに飲食と物販の2店が入る。宮崎県産杉を使ったテーブルやイスに腰かけ、海の風を感じながら食事や会話を楽しめる。今年からは無料で使える公衆無線LAN(Wi-Fi)も整備された。

 営業は海水浴シーズン前の4月24日から、シーズン後の10月29日まで。運営する宮崎市青島ビーチセンター主任の広見聡子さん(38)は「海水浴客だけでなく、海の雰囲気を楽しみたい観光客にも来てほしい」と言う。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです