メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さい帯血

無届け投与、本格捜査へ 800人分流出 厚労省、近く刑事告発

 全国のクリニックががん治療などの名目で、他人のさい帯血を無届けで投与していた問題で、2009年に破産した茨城県つくば市の民間さい帯血バンクが保管していた約1500人分のうち少なくとも約800人分が、ブローカーなどを経由してクリニックに転売されていたことが分かった。流出ルートの解明を進めている愛媛、茨城県警などの合同捜査本部は、再生医療安全性確保法違反容疑で近く本格捜査に乗り出す。一方、厚生労働省も、複数のクリニックが無届けで投与していたと認定し、刑事告発する方針を固めた。【加藤栄、木島諒子】

 バンクの元社長の女性(64)ら複数の関係者が毎日新聞の取材に明らかにした。女性は筑波大教授(故人)…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1242文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです