メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

島根・雲南 コウノトリ誤射 まちづくりに教訓生かせ=山田英之(松江支局出雲駐在)

母鳥が誤射され、兵庫県豊岡市での人工飼育を経て放鳥されたコウノトリ=島根県雲南市で7月12日、久保玲撮影

 島根県雲南市の電柱の上で巣作りし、ペアで子育てしていた国の特別天然記念物・コウノトリの雌鳥が今年5月、ハンターの誤射で死んだ。見守ってきた地元の人たちにとって痛恨の出来事だったが、これを機に住民は「コウノトリと共生するまちづくり」に一層力を注いでいる。死んだ雌鳥は、繁殖地として知られ、保護に取り組んでいる兵庫県豊岡市で生まれた個体だった。私は2011年から2年間、豊岡で取材した。悲しみを乗り越えようとする雲南の姿は先進地・豊岡と重なる。

 誤射が起きたのは5月19日午前10時ごろ。地元猟友会所属の男性ハンターが田んぼでサギの駆除中に見誤…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです