メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者差別解消法

学習障害、配慮で地域差 ルビ振り、時間延長…統一基準なく 公立高入試、悩む現場

高校入試で障害者への配慮を認めた教委の数

 障害者差別解消法の施行後、初めての公立高校入学試験が今春行われたのを受け、毎日新聞が全国の教育委員会にアンケートした。国による一律の基準がないために、学習障害のある生徒への配慮は地域間で格差が生じたり、他の受験生との公平性をどう保つかで頭を悩ませたりしている現場の実態が浮かんだ。【金秀蓮、水戸健一】

 昨年4月に同法が施行され、障害者が公立高を受験した際、障害による不利益が生じないように「別室受験」…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1565文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです