北朝鮮

「先軍節」で各国厳戒、ミサイル発射など監視

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】北朝鮮は25日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記が軍重視の政治指導を開始した記念日「先軍節」を迎えた。米朝間での威嚇の応酬はいったん小康状態に入っているものの、北朝鮮側は米韓演習に対して「超強硬措置で対応する」と表明しており、関係各国は北朝鮮の挑発に備えて監視を強化している。

 北朝鮮の朝鮮人民軍は今月9日、中距離弾道ミサイル「火星12」4発を米領グアム島沖に同時に発射する計画を公表し、発射準備の完了を宣言した。その後、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

ニュース特集