メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南相馬の貝化石

新種「アイノサウェンシス」と命名

腕足類の新種とみられる化石(矢印の2カ所)=福島県会津若松市城東町の県立博物館で2017年7月14日、湯浅聖一撮影

 福島県南相馬市鹿島区上栃窪の地層から見つかった「腕足(わんそく)類」の新種とみられる化石について、同県立博物館(同県会津若松市)は23日、「キルトスピリファー アイノサウェンシス」と命名したと発表した。同時に研究成果の論文が、日本地質学会が発行する「地質学雑誌」8月号に掲載され、新種であると特定されたことも明らかにした。

 腕足類のキルトスピリファー属で、発見された地層が「合ノ沢(あいのさわ)」だったのを踏まえ、採取した…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです