メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党代表選

財源は…前原氏「増税」枝野氏「赤字国債」

「社会保障・賃上げ」を巡る前原氏と枝野氏の理念や政策

アベノミクス対抗策 社会保障充実で「低所得層の底上げを」

 民進党代表選(9月1日投開票)で、前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)がアベノミクスへの対抗策として掲げるのが、社会保障や福祉の充実による低所得層の底上げだ。共に個人消費を喚起して景気回復を狙う政策だ。ただ、年金安定化などに向け2019年10月に予定通り消費税率を10%に引き上げるべきだとする前原氏に対し、枝野氏は赤字国債発行による介護職員や保育士らの賃金底上げを主張。手法や財源に違いが出ている。

 枝野氏が最優先課題として訴えるのが介護職員と保育士の待遇改善。社会保障政策ではなく「景気対策」と位…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです