メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制改正

訪日客の免税手続き簡素化 観光庁が要望へ

観光庁が検討する免税手続きの簡素化

 観光庁は、訪日外国人の消費税の免税手続きの簡素化を2018年度税制改正要望に盛り込む。現在は、化粧品や食品などの「消耗品」と、家電製品や宝飾品など「一般物品」を分けて申請する必要があるが、まとめて申請できるようにする。事務負担の軽減で免税店の出店を後押しし、訪日客の購入拡大につなげたい意向だ。

 訪日客は、消耗品、一般物品ともに一つの店舗でそれぞれ5000円以上(消耗品は50万円まで)購入した場合、消費税が免税となる。ただ、消耗品、一般物品それぞれで申請書を作成する必要があり、手続きが煩雑になっている。そのため、消耗品…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 大津市長選、元滋賀県議の佐藤健司氏が初当選 反現職の自民系新人

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 卓球全日本・波乱の結果 東京五輪代表5選手はなぜ勝てなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです