メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地理的表示

保護制度 日欧EPAでパルメザン消える?

森永乳業が販売する「クラフト100%パルメザンチーズ」

酒類や農産品210品目 農水省など慎重に準備

 7月に大枠合意した日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)によって、日本でおなじみの「パルメザンチーズ」の商品名が使えなくなるかもしれない。地域に根ざしたブランドを守る地理的表示(GI)保護制度が適用されるためだ。欧州が保護を求めているのは酒類や農産品など計210品目。登録の可否を決める農林水産省と国税庁は、慎重に準備を進めている。

 210品目のうち、農産品は71品目。このうち影響がありそうなのはチーズだ。EUはイタリアを代表する熟成チーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」の保護を求めている。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです