メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンゴ世界選手権

日系3世のアラカキさんペアが優勝

「タンゴ世界選手権」で優勝した、アクセル・アラカキさん(右)とアゴスティナ・タルチニさんのペア=ブエノスアイレスで2017年8月23日、勝田友巳撮影

 アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれていた「タンゴ世界選手権」で23日(日本時間24日)、日系3世のアルゼンチン人、アクセル・アラカキさん(24)と、同国人のアゴスティナ・タルチニさん(27)のペアが、「ステージ部門」で優勝した。同部門での日本関係の優勝者は、2010年大会の鍬本知津子さんのペア以来2人目。

     同選手権は同市が主催。プロ、アマ問わず全世界のタンゴの踊り手が技を競う大会で、今年で15回目。アラカキさんペアが優勝したステージ部門は、振り付けの意匠と踊りの華やかさを競う。今大会には全世界から1000組以上が参加し、この日の決勝には20組が出場、技を競った。

     アラカキさんは日本生まれ、在住の日系3世。ダンス講師やダンサーとして活動している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    2. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
    3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
    4. 自民・加藤氏 出産呼び掛け発言「全国から賛同あった」
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]