メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンゴ世界選手権

日系3世のアラカキさんペアが優勝

「タンゴ世界選手権」で優勝した、アクセル・アラカキさん(右)とアゴスティナ・タルチニさんのペア=ブエノスアイレスで2017年8月23日、勝田友巳撮影

 アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれていた「タンゴ世界選手権」で23日(日本時間24日)、日系3世のアルゼンチン人、アクセル・アラカキさん(24)と、同国人のアゴスティナ・タルチニさん(27)のペアが、「ステージ部門」で優勝した。同部門での日本関係の優勝者は、2010年大会の鍬本知津子さんのペア以来2人目。

     同選手権は同市が主催。プロ、アマ問わず全世界のタンゴの踊り手が技を競う大会で、今年で15回目。アラカキさんペアが優勝したステージ部門は、振り付けの意匠と踊りの華やかさを競う。今大会には全世界から1000組以上が参加し、この日の決勝には20組が出場、技を競った。

     アラカキさんは日本生まれ、在住の日系3世。ダンス講師やダンサーとして活動している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/3 罪の意識ない加害親
    2. 五輪カーリング 注文殺到!カー娘「おやつ」 北見の銘菓
    3. 五輪フィギュア 宮原4位、坂本6位
    4. 探偵物語 テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演
    5. 企業博物館 「松下幸之助歴史館」が10月末、閉館

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]