メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬害根絶デー

再発防止を訴え集会 東京の厚労省前

車椅子で生活する子宮頸がんワクチン訴訟の原告女性の訴えを聞く加藤厚生労働相(右)=東京・霞が関の厚労省前で2017年8月24日午後1時15分、清水健二撮影

 薬害の被害者たちが再発防止を訴える「薬害根絶デー」の集会が24日、東京・霞が関の厚生労働省前であった。100人以上が参加し、全国4地裁で係争中の子宮頸(けい)がんワクチン訴訟の早期解決や、医薬品行政を監視・評価する第三者組織の創設などを訴えた。

 1999年、薬害エイズ事件などを教訓に旧厚生省が庁舎敷地内に薬害根絶の「誓いの碑」を…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです