メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/50 苺畑の新たな金脈 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 第二ハウスの中に入った恵介(けいすけ)は、眩(まぶ)しさに目を細めた。

 九月中旬の土曜日だ。設備工事は八月の末に終わり、高設栽培の準備も整っているが、まだ外気温が高いからハウスは被覆していない。骨組みだけの屋根から朝日が射(さ)しこんでいる。地上九十センチの高さに並ぶ栽培槽に張った真っ白なマルチシートが、生まれたての光を照り返しているのだ。

 今日から第二ハウスの定植を始める。定植は、ポットで育ててきた苗を本圃(ほんぽ)に植える、苗づくりの…

この記事は有料記事です。

残り3037文字(全文3260文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです