東日本大震災

福島第1原発事故 汚染牧草の調査「牛の餌使用可」 大崎市が報告 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された牧草の処理を巡り、大崎市は25日の市議会産業委員会で、試験的にすき込みをした農地で育った牧草に含まれる放射性物質の濃度は、牛の餌として使用しても問題ないレベルだったと報告した。

 市は5月、鳴子温泉上原(うわ)地区の市有牧草地にサンプル測定で1キ…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集