メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三鷹市

太宰、吉村の文学施設 19年春開館へ 井の頭公園内に /東京

 三鷹市は、同市に住んだ2人の作家、太宰治(1909~48年)と吉村昭(1927~2006年)の遺品や資料などを展示する「井の頭文学施設」(仮称)を都立井の頭公園内に整備し、19年春の開館を目指す基本プランを発表した。

 施設は「太宰治記念文学館」(仮称)と「吉村昭書斎」(同)で構成。井の頭公園西園の北側に建設…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  3. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです