三鷹市

太宰、吉村の文学施設 19年春開館へ 井の頭公園内に /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 三鷹市は、同市に住んだ2人の作家、太宰治(1909~48年)と吉村昭(1927~2006年)の遺品や資料などを展示する「井の頭文学施設」(仮称)を都立井の頭公園内に整備し、19年春の開館を目指す基本プランを発表した。

 施設は「太宰治記念文学館」(仮称)と「吉村昭書斎」(同)で構成。井の頭公園西園の北側に建設…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

ニュース特集