メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活断層図

ネット公開 新たに愛荘町から東近江も 地理院 /滋賀

公開された都市圏活断層図「御在所山」(D1-No.759)の一部。赤色の点線が活断層で、中央に南北に延びる赤の点線が新たに確認された部分=出典・国土地理院のホームページ。調査者・堤浩之、石村大輔、後藤秀昭、中田高、八木浩司の各氏

 国土地理院は24日、活断層の詳細な位置を縮尺2万5000分の1の地形図に示す「都市圏活断層図」として、鈴鹿西縁(せいえん)断層帯とその周辺の「彦根東部」「御在所山」の2枚を公表した。また、新たに愛荘町上蚊野(かみがの)から東近江市大林町付近まで南北に延びる5.4キロを活断層と確認した。【北出昭】

 都市圏活断層図の作成は1995年1月の阪神大震災を機に国土地理院が始めた。専門家に空中写真などから活断層の有無や位置、断層のずれの向きなどを特定してもらい、地形図に活断層などを赤や黒の実線や点線などで描いている…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです