メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 しが学校支援センター 地域の知恵、連携授業に /滋賀

しが学校支援メニューフェアで学校関係者に支援メニューを披露する登録企業の関係者ら=大津市のピアザ淡海で、北出昭撮影

 県教委が地域のNPOや企業、団体と学校をつなぐ「しが学校支援センター」を設置して10年が過ぎた。出前授業や校外学習などで、地域の豊富な専門知識や技能を学校現場に生かす「連携授業」が定着してきた。

 センターは、出前授業などを実施できる企業や団体から、「支援メニュー」の提案を受けると、営利性や政治・宗教性が無いかなどを審査し、県学習情報提供システム「におねっと」に企業・団体名や支援内容、対象学年、経費の有無などを登録する。学校は、におねっとで調べたり、センターに相談したりし…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです