メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 学校でも起きる性犯罪 /大阪

つらい体験、感情殺して訴え/教師は深刻さ理解せず

被害者に「落ち度」ない/声あげやすい環境を

 1907年の刑法制定以来、初めて性犯罪に関する規定を大幅に見直した改正刑法が7月13日に施行されました。改正法では、強姦罪の名称が「強制性交等罪」に変更され、性交類似行為も対象になりました。またこれまで被害者は女性に限定されていましたが、男性の被害も認められるようになりました。親告罪の規定も撤廃され、親など「監護者」が18歳未満の子どもに性的虐待をした場合の処罰規定も新たに設けられました。政府は「ワンストップ支援センター」を各都道府県に設置することを目指しています。

 性犯罪は学校内でも起きることがあります。大人から子どもに対して行われることもあれば、子どもから大人…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです