メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 学校でも起きる性犯罪 /大阪

つらい体験、感情殺して訴え/教師は深刻さ理解せず

被害者に「落ち度」ない/声あげやすい環境を

 1907年の刑法制定以来、初めて性犯罪に関する規定を大幅に見直した改正刑法が7月13日に施行されました。改正法では、強姦罪の名称が「強制性交等罪」に変更され、性交類似行為も対象になりました。またこれまで被害者は女性に限定されていましたが、男性の被害も認められるようになりました。親告罪の規定も撤廃され、親など「監護者」が18歳未満の子どもに性的虐待をした場合の処罰規定も新たに設けられました。政府は「ワンストップ支援センター」を各都道府県に設置することを目指しています。

 性犯罪は学校内でも起きることがあります。大人から子どもに対して行われることもあれば、子どもから大人…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1810文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]