メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山大学・山神准教授 県人口、市町村単位で研究 /和歌山

和歌山県の人口減少の原因などを解説する山神達也准教授=和歌山大で

96年から“減少先進県”

 県が発表する4月1日現在の推計人口は21年連続で減少し、今年は94万人台まで落ち込んだ。年間の減少幅も1%に近い。

 福祉計画の策定などで市町村に与える影響は大きいが、少子高齢化が招いた人口減少社会に関する研究は、日本の研究者が独自性を発揮できる分野でもある。

 和歌山大教育学部の山神達也准教授は先月、同大であった「第17回紀州地域学研究交流会」で、県人口が減少期に突入するまでを市町村単位(地理学的観点)の人口から分析した研究成果を発表した。市町村単位で各年の出生、死亡、転出入を把握できる唯一の資料「住民基本台帳人口要覧」を用いた。

 研究対象とした1980年以降おおむね109万人台で推移していた県人口の継続的な減少が始まったのは9…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです