安倍首相

徴用工「解決済み」 韓国大統領と電話協議 対北朝鮮は連携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は25日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と約30分間、電話で協議した。文氏が日本の植民地時代の元徴用工の個人請求権は消滅していないと発言したことに関し、首相は「1965年の日韓請求権協定で解決済み」と日本の立場を説明。「日本で心配する声が出ている」と懸念を伝えた。(3面にクローズアップ)

 韓国側によると、文氏は「国家間の問題解決とは別に個人請求権は存在するというのが韓国最高裁の判断だ」と説明した一方、国家間の請求権問題に関しては「韓日請求権協定で解決した」との認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集