中国軍

マカオで初の救援 台風被災地、1000人ががれき撤去

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風13号の被害によるがれきを撤去する中国人民解放軍の兵士たち=マカオで25日、ロイター
台風13号の被害によるがれきを撤去する中国人民解放軍の兵士たち=マカオで25日、ロイター

 【台北・福岡静哉】香港メディアなどによると、台風13号が23~24日、中国南部を襲い、これまでに少なくとも18人の死亡が確認された。中国人民解放軍のマカオ駐留部隊は25日、マカオ特別行政区政府の要請を受け、被災地の復旧作業を始めた。1999年にポルトガルから返還されて以降、「高度な自治」が認められたマカオで中国軍が災害救援活動をするのは初めて。

 台風の直撃でマカオと中国広東省でそれぞれ9人の死亡を確認。中国南部で数百人規模のけが人が出ているとみられる。住宅の浸水や大規模停電など多くの被害が出ている。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集