みずほFG

「LGBT」対応商品 同性も「配偶者」、住宅ローンOK

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 みずほフィナンシャルグループ(FG)はLGBTなどの性的少数者も使いやすい金融商品の提供を始めた。高齢者の日常不安などに対応したサービスを付帯した元本保証型の信託商品や、住宅ローンを同性パートナーとともに利用できるようにした。みずほFGによるといずれも業界初。「同性婚」を事実上認める自治体が増えるなど社会でLGBTなどに配慮する流れが強まる中、商品やサービスの対応も進みそうだ。

 みずほ信託銀行は25日、高齢富裕層向け新商品「選べる安心信託」を週明けから提供すると発表した。預かった資金を元本保証で運用する一方、家事代行業者や老人ホームなどを紹介するサービスを付帯したのが特徴。従来の商品では相続の際に親族に限られていた資産の受取人について、新商品は契約書で同性のパートナーも指定できるようにした。これまで同性パートナーが信託財産の受取人になるには、手続きが煩雑でコストも高い遺…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集