メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃貸住宅

新築、曲がり角 着工1年8カ月ぶり減 「過剰融資」指摘に銀行自重

 活況を呈していた賃貸住宅の新築が曲がり角に差し掛かっている。国土交通省が発表したアパート建設を含む貸家の6月の新設着工戸数は前年同月比2・6%減の3万5967戸で、1年8カ月ぶりに前年割れ。金融庁や日銀がアパートローンへの過剰融資を問題視する中、金融機関が新規融資を控えたためとみられる。アパート建設会社は対応を模索しているが、既存アパートの空室リスクなどの課題も抱えている。

 賃貸住宅建設がマイナスに転じた背景には、アパートなど貸家業を営む個人への2017年4~6月の銀行新…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです