消費者委

「AI使い事故防止」提言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 子どもや高齢者の事故防止に向け、内閣府の消費者委員会は今月、全国から収集した膨大な事故情報(ビッグデータ)を人工知能(AI)を使って分析するよう消費者庁に提言した。発生時刻や場所、被害者の性別などさまざまな情報をAIに分析させて傾向を探り、再発防止策や注意喚起につなげるよう求めた。

 暮らしの中で起こる事故の情報は、全国の消費生活センターや医療機関などを通じ、消費者庁が運営する「事故情報データバン…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集