メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トレンド観測

Theme 出版社が自治体と連携協定 新たな成長分野となるか

協定を締結した講談社の角田真敏販売局長と松田町の本山博幸町長(右)

 地方自治体と民間企業が地域振興や教育、防災といった分野で連携、包括的な協定を結ぶ動きが広がる中、多彩なコンテンツを生かした大手出版社と自治体との提携が始まっている。縮小傾向にある出版市場で新たな成長分野を開拓できるか、試金石となる。

 「小さな一歩だが、これを起点に、全国で本の世界との出合いをさまざまな角度から盛り上げることができればうれしい」。17日、東京都内であった講談社と神奈川県松田町との「学校教育環境の充実に関する包括連携協定」締結式で、同社の角田真敏販売局長は抱負を語った。

 協定は、同町内の小学5、6年生と中学生計約400人を対象に、講談社が今年秋から毎月10冊程度の電子…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1119文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです