メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

ストレートな世相批判への思い ゲスト・歌手、長渕剛さん(その2止)

武田砂鉄さん

作為的な「泣かす歌」には「思い」がありません

 武田 今、表現がしにくくなってきている、とおっしゃいます。とりわけ共謀罪などが顕著ですが、個々の思想や表現を萎縮させかねない法規が平然と通ってしまう。そんな現状をどう見ていますか。

 長渕 若い表現者たちよ、僕も闘うから屈するな、と言いたい。どれだけたたかれようが、そこでできた傷さえも表現に落とし込めばいい。表現し続けて、勇気の爆弾を作れ、と言いたい。矢でも鉄砲でもない武器が、表現なのです。その思いを追求することで生きていける。表現する思いこそ、すてきな平和を作っていくと信じます。

 武田 こう歌えば泣いてもらえる、みたいな作為的な創作物には「思い」がありませんね。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです