メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

興福寺の寺宝と畠中光享展 14祖師画、間近で初公開 大阪高島屋で来月4日まで

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     奈良の古刹(こさつ)、興福寺の寺宝と再建中の「中金堂(ちゅうこんどう)」柱絵を描いた日本画家、畠中光享(はたなか・こうきょう)画伯の作品を展覧する「興福寺の寺宝と畠中光享展」を大阪高島屋で開催中です。

     創建から1300年以上の歴史をもつ興福寺では約300年ぶりに伽藍(がらん)の中心となる「中金堂」を再建中で、その内陣に畠中画伯による法相宗の祖師14人を描いた「法相柱(ほっそうちゅう)」も再興しています。

     本展では、興福寺所蔵の寺宝や畠中画伯の代表作や新作のほか、14人の祖師画すべてを初公開します。祖師画は高さ約10メートルの法相柱に貼り付けられた後は、間近で見ることが難しくなります。この機会にぜひご覧ください=写真は畠中光享「濁水(じょくすい)に汚されない蓮のように」。

     <会期>9月4日(月)まで。会期中無休。入場は10時~19時半(26日は20時まで、最終日は16時半まで)<会場>大阪高島屋7階グランドホール(大阪市中央区難波5、06・6631・1101)<入場料>一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料

     主催 法相宗大本山興福寺、毎日新聞社、日本経済新聞社、BSジャパン

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    2. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 自主回収 容器取り違え「どん兵衛」
    5. 熊本市議 議場に赤ちゃん「子育て女性も活躍できる場に」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]