メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛情満ちた花鳥画 上村松篁・淳之親子の60点 奈良・松伯美術館で開催中

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     展覧会「鳥たちが教えてくれたこと~唳禽荘(れいきんそう)に暮らす鳥たち」を奈良市の松伯美術館で好評開催中です。

     本展では、日本画家の上村松篁(しょうこう)・淳之(あつし)親子の下絵、素描を含む花鳥画約60点を紹介しています。「鳥たちが鳴く家」という意味が込められた「唳禽荘」は、鳥たちと一緒に暮らしたい、という松篁の幼いころからの夢をかなえたアトリエです。2人は、ゴクラクチョウやエリマキバトなど約200種、1000羽を超える鳥たちと暮らしながら制作に励み、優れた作品を残してきました。愛情に満ちたまなざしで描かれた鳥たちの命輝く世界を、ぜひ会場でご堪能ください=写真は上村松篁「月明」(1979年、松伯美術館蔵)。

     <会期>9月24日(日)まで。月曜休館(9月18日は開館、翌19日休館)。入館は10~16時<会場>松伯美術館(奈良市登美ケ丘2、0742・41・6666)<入館料>大人(高校生以上)820円、小・中学生は無料

     主催 毎日新聞社、松伯美術館

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
    4. 恐喝未遂容疑 仁科亜季子さんに現金要求 男3人逮捕
    5. フィギュア 羽生「12って何だろう」 会見一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]