メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

鳥の受難 山口県下松市・清木美津子(68歳)

 我が家の庭にキンモクセイの木がある。その木に今年、ヒヨドリが巣をかけた。毎日せっせと餌を運び、その用心深さには驚かされる。

 餌をくわえて帰ると直接巣には行かないで必ず近くの木に止まり、キョロキョロ見回してから安全を確認し、巣に行くことを繰り返していた。こちらも無事に育つまではと刺激しないよう見守っていた。

 そんなある日、外で異常にギャアギャア鳴く声がする。何事かと見れば、親鳥が飛び立って巣に行こうとするが、どうしても近寄れずに引き返し、また飛び立つことを繰り返しており、明らかに様子がいつもと違う。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです