北朝鮮ミサイル

米軍分析「発射は短距離弾道3発、失敗」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮・旗対嶺の位置
北朝鮮・旗対嶺の位置

韓国軍「日本海の北東に向け短距離の飛翔体数発を発射」

 【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は26日午前6時49分(日本時間同)ごろ、江原道(カンウォンド)旗対嶺(キッテリョン)付近から日本海の北東に向け、短距離の飛翔体(ひしょうたい)数発を発射した。飛翔体は約250キロ飛行し、北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)金策(キムチェク)沖に落下したとみられる。米太平洋軍は初期段階の分析として、発射されたのは短距離弾道ミサイル3発で、いずれも失敗したと指摘した。弾道ミサイルであれば、7月28日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」発射以来で今年12回目となる。

 これに対し、韓国大統領府は「発射された飛翔体は現時点では改良型の大口径多連装ロケット砲と推定され、正確な特性などを軍当局が分析している」とのコメントを発表した。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文927文字)

あわせて読みたい

ニュース特集