大阪・通天閣

変わる「新世界」 宿泊施設2年で6軒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
通天閣のそばに昨年オープンしたホステル「THE PAX」=大阪市浪速区で、川平愛撮影
通天閣のそばに昨年オープンしたホステル「THE PAX」=大阪市浪速区で、川平愛撮影

「従来のにぎわい」に加え、新たな魅力と人の流れ

 大阪市浪速区の通天閣の下に広がる「新世界」の景色が変わりつつある。誕生から100年以上の歴史ある街だが、最近はアクセスの良さが見直されて宿泊施設の開業が相次ぎ、2015年以降に少なくとも6軒(計934床)がオープン。串カツ店など従来の新世界らしいにぎわいに加え、新たな魅力と人の流れを生みつつある。

 新世界は1903年の第5回内国勧業博覧会跡地にできた繁華街。派手な看板を掲げた飲食店などが建ち並ぶが、宿泊施設はあまりなかった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文848文字)

あわせて読みたい

注目の特集