メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平城京天平祭

奈良時代の雰囲気に 貴族衣装で練り歩く

平城宮跡をLEDで光る衣装を着た男女が練り歩く「天平七夕行列」=奈良市で2017年8月25日、三浦博之撮影

 奈良市の平城宮跡を光のアートで彩るイベント「天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏」が25日、始まった。電飾付きの色鮮やかな貴族衣装をまとった約60人が練り歩く「天平七夕行列」などがあり、観光客らが幻想的な奈良時代の雰囲気を楽しんだ。27日まで。

 奈良県や市などが2011年から開催。奈良時代に平城宮で…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです