メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宍道湖自然館

全身黄金色のスッポン展示

展示されている黄金色のスッポン=島根県立宍道湖自然館ゴビウス提供

 島根県出雲市の水族館・県立宍道湖自然館ゴビウスが、松江市内で捕獲された全身が黄金色のニホンスッポンを展示している。31日まで。

     甲羅の長さは約23センチ。突然変異などで先天的に色素のない「アルビノ個体」とみられる。今月21日、松江市内の用水路にいるのを近くの住民が発見。連絡を受けたゴビウスの職員が引き取った。

     アルビノ個体は愛好家に人気を集める。今回の展示期間は短いが、休憩期間を置いて再展示される。黄金色に輝くスッポンは来場者の心を離さず、新たな水族館の人気者になるか。【長宗拓弥】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
    3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    4. アメフット 前監督の指示と主張へ 日大選手22日会見
    5. アメフット 専門家に聞く 日大悪質タックル立件の可能性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]