O157

ファミレスで食事の7人検出 埼玉・川越

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 埼玉県川越市は25日、同市泉町のファミリーレストラン「ナポリの食卓川越店」で11~12日に食事をした男女7人が下痢や腹痛などの症状を訴え、全員から病原性大腸菌O157が検出されたと発表した。うち18~77歳の男女4人が入院したが、重症者はいないという。

 川越市保健所によると、7人は五つのグループで…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

あわせて読みたい

注目の特集