メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨ケカチ遺跡

平安和歌刻んだ土器 10世紀、平仮名で

和歌が刻まれた出土した土器=山梨県甲州市で2017年8月25日、松本光樹撮影

 山梨県甲州市教委は25日、同市塩山にある奈良・平安時代の集落跡「ケカチ遺跡」から、平仮名で和歌が刻まれた土器を発見したと発表した。平安中期の10世紀中ごろに制作されたとみられ、この時代の和歌一首が記された土器の出土は初めて。平仮名の統一は9世紀末ごろからとされており、文字の変遷を考察する上で貴重な歴史的資料になるという。

 市教委によると、土器は直径約12センチ、高さ2.6センチ。5行にわたって31字の平仮名が刻まれてお…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです