メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨ケカチ遺跡

平安和歌刻んだ土器 10世紀、平仮名で

和歌が刻まれた出土した土器=山梨県甲州市で2017年8月25日、松本光樹撮影

 山梨県甲州市教委は25日、同市塩山にある奈良・平安時代の集落跡「ケカチ遺跡」から、平仮名で和歌が刻まれた土器を発見したと発表した。平安中期の10世紀中ごろに制作されたとみられ、この時代の和歌一首が記された土器の出土は初めて。平仮名の統一は9世紀末ごろからとされており、文字の変遷を考察する上で貴重な歴史的資料になるという。

 市教委によると、土器は直径約12センチ、高さ2.6センチ。5行にわたって31字の平仮名が刻まれてお…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです