水洗便器

国内最古級を発見 滋賀・東近江の古民家

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発見された大小の便器と、廣部住職=東近江市五個荘竜田町で金子裕次郎撮影
発見された大小の便器と、廣部住職=東近江市五個荘竜田町で金子裕次郎撮影

 滋賀県東近江市五個荘竜田町の古民家で、国内最古級とみられる大正時代の大小1組の陶器製水洗便器が見つかった。商標マークから、小便器は大手メーカー「TOTO」の前身に当たる日本陶器が1914~17(大正3~6)年に製造したものと判明し、TOTO広報部は「現存資料として希少だ」としている。大便器は同社に資料が無く、詳細は不明だが、創成期の製品の可能性が高い。

 見つかったのは繊維製品などを扱っていた近江商人・松居久右衛門の本宅。約2000平方メートルの敷地に築約250年の母屋と5棟の蔵などが並ぶ。便器は和式で、大正時代に増築された別棟に設置されており、管を通じて戸外に排水する仕組みも残っていた。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集