メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「防災 当たり前になってほしい」 女川中の卒業生たちが東京の集会で講演 /宮城

集まった人たちと防災などについて語り合う女川中の卒業生=東京都大田区で

 東日本大震災の記憶と教訓を未来に伝えようと、津波到達点に石碑を設置する活動を続ける女川町立女川中学校の卒業生たちが26日、東京都大田区で開かれた防災を語り合う集会で講演し「防災が空気のように当たり前になってほしい」と語った。

 震災直後に中学に入学した女川の子どもたちは「家族や家を失った悲しみを繰り返してほしくない」と、町内全21地区の津波到達点に石碑を設置する活動を始めた。既に16基を設置し、3月には経験や教訓をまとめた「いのちの教科書」を制作するなどの取り組みを続けている。

 集会は子どもの防災活動に取り組むNPO法人「キッズナウジャパン」が主催し、約80人が参加。5人の卒…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです