平出城跡

35カ所で植物発芽 当時の種の可能性も /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平出城跡の発掘調査で、発芽した植物=宇都宮市平出町で
平出城跡の発掘調査で、発芽した植物=宇都宮市平出町で

 県道の建設に伴う平出城跡(宇都宮市平出町)の発掘調査で、調査区内35カ所で植物の発芽が確認された。宇都宮城のハスの再生にも取り組んだ同市の印南洋造さん(67)が調査を進めている。

 平出城は1209年、3代目宇都宮城主、宇都宮朝綱の家臣、鈴木八郎重定によって建てられたとされるが、記録はほとんど残っていな…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集