富士山一斉清掃

美しい富士、後世に 県側3登山口で /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ごみ袋を持ち登山道を登る参加者ら=富士山の富士宮口5~6合目で
ごみ袋を持ち登山道を登る参加者ら=富士山の富士宮口5~6合目で

 世界文化遺産・富士山の富士宮、須走、御殿場の県側3登山口で26日、「富士山一斉清掃」があった。登山シーズンが9月10日に終わるのを前に、約100団体の1100人がビニール袋を手にごみを拾い集めた。

 山麓(さんろく)の自治体や団体、企業でつくる「富士山をいつまでも美しくする会」が主催した。一斉清掃は1980年に始まり、今年は38回目。

 富士宮口5合目では式典があり、22団体の約330人が集まった。富士宮市の渡辺恭一副市長は「富士山から多くの恵みを受けている者として、すばらしさを末永く後世に残しましょう」と呼びかけ、「富士山憲章」を唱和した。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文458文字)

あわせて読みたい

ニュース特集