メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外神戸のバス、歩行者多数はね1人死亡
ペースメーカー

進化 リード線消えて小型に 直接心臓へ植え込み 断線なく、感染も減 /大阪

従来のペースメーカー(左)はリード線がある。リードレスペースメーカー(100円硬貨の下)は、リード線がなく、サイズもはるかに小さい=大阪府守口市の関西医科大総合医療センターで、池田知広撮影

 不整脈治療のために開発されたカプセル状の新型ペースメーカーが9月1日から保険適用になる。従来のペースメーカーに付いていたリード線をなくし、直接、心臓内に植え込むため、リード線が断線したり、感染症を起こしたりするトラブルが少なくなる。適しているのは、脈が遅くなる「徐脈性心房細動」の患者など、ペースメーカーが必要な人の2~3割程度という。【池田知広】

 従来のペースメーカーは、左胸の皮下に植え込み、鎖骨下の静脈を通じて心臓までリード線を通し、電気刺激…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 警官も見抜けぬ?精巧偽造在留カード横行 入管法改正で拡大の恐れ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです