メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

RAFIQ 日本へ来た“友”を手助け 難民申請者らのよりどころに /大阪

アフガニスタン難民のイーダック・モハド・レザさん(左端)が在留資格を得たお祝いに集まった田中恵子さん(同2人目)らスタッフやボランティアの人たち。支援が実を結んだ結果を皆で喜んだ=大阪市淀川区で、三浦博之撮影

 大阪市北区で7月にあった世界難民の日の関西集会の壇上に、日本での在留資格を得たアフガニスタン難民のイーダック・モハド・レザさん(35)が話す姿があった。多くの人の支えに感謝し「とても幸運だったと思います」。RAFIQ(ラフィック)共同代表の田中恵子さんは感慨深げに見つめていた。

 RAFIQは「在日難民との共生ネットワーク」を掲げ、関西で難民認定を目指す人たちを支援する団体だ。スタッフはボランティアの助けも得て、入管施設に収容された人との面会や食料援助、難民への理解を広める活動を続けている。…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです