メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

RAFIQ 日本へ来た“友”を手助け 難民申請者らのよりどころに /大阪

アフガニスタン難民のイーダック・モハド・レザさん(左端)が在留資格を得たお祝いに集まった田中恵子さん(同2人目)らスタッフやボランティアの人たち。支援が実を結んだ結果を皆で喜んだ=大阪市淀川区で、三浦博之撮影

 大阪市北区で7月にあった世界難民の日の関西集会の壇上に、日本での在留資格を得たアフガニスタン難民のイーダック・モハド・レザさん(35)が話す姿があった。多くの人の支えに感謝し「とても幸運だったと思います」。RAFIQ(ラフィック)共同代表の田中恵子さんは感慨深げに見つめていた。

 RAFIQは「在日難民との共生ネットワーク」を掲げ、関西で難民認定を目指す人たちを支援する団体だ。スタッフはボランティアの助けも得て、入管施設に収容された人との面会や食料援助、難民への理解を広める活動を続けている。…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]