メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

科学技術の行方=総合研究大学院大学長・長谷川眞理子

長谷川眞理子氏=中村藍撮影

望む未来の姿、自問を

 以前、本欄でも指摘したが、科学技術の行方がどうなるのか、私はいろいろな意味で危惧している。何が原因かといえば、現在の科学技術が、私たち人間自身を直接に変える能力を持つ段階まで来たのだが、私たちは私たち自身について、まだ十分に知ってはいない、ということなのだ。

 自動車や電車や飛行機を持つようになったとき、私たちは、物体の運動や燃焼に関する基礎的な物理学をかなりの程度に理解していた。その上で作り出した自動車や電車や飛行機の技術は、うまくいかないときにどうするかについても、おおかた制御可能な範囲にあった。しかし、こんな技術が、その技術以外の側面で人間生活にどんな影響を及ぼすかについては、誰も考えていなかったところがミソである。原子力関係の技術については、うまくいかなかったときにどうするか、まだ本当に自信をもって制御できるとは言い難いのではないか。

 土木についても、いろいろな面で実は何も分かっていないのに、できることだけをやって突っ走ってきた面が…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東日本大震災 県内の放射線量 /福島

  5. WEB CARTOP 日産は大丈夫なのか? 2019年の第一四半期決算が営業利益約99%減の事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです