メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

薬水の梨 シャキシャキ、特別「廿世紀」

樹齢100年を超す廿世紀梨の下で「昔の品種は強い」と話す中元さん(左)と阪口さん

 「子どもの頃に食べた“薬水の梨”。あの梨をもう一度食べたい」。便箋につづられた思い出の味。薬水の2文字には「くすりみず」のルビが振られていた。この梨は品種ではなく、恐らく地名であろう。どこの、どんな梨なのか。取材を始めると、私の住む千葉県と意外な関係が--。

 手紙の差出人は兵庫県明石市の主婦、奥敦子さん(50)。電話すると「ふる里は奈良県の桜井市。小学生の頃、運動会には必ずお重に詰めた薬水の梨を持って祖母が応援に来てくれた。それがみずみずしくて、おいしくて。そんな味が今も忘れられない」。町の果物屋さんに聞いても「薬水の梨? 知らない」と首を振られたという。

 だが、奥さんのふる里に何かの手がかりがありそうな気がする。周辺市町村にまで広げて「薬水」の地名を探…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです