メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『コロンブスからはじまるグローバル社会…』 チャールズ・C・マン著、レベッカ・ステフォフ編著

 ◆『コロンブスからはじまるグローバル社会 1493<入門世界史>』

 (あすなろ書房・1728円)

生命史で最大級の事件

 日常生活のなかで、地球の歴史をたどることなどない。誇大妄想気味に思われるが、地球上にはかつて海に囲まれた超大陸しかなかったという。それが引き裂かれ、ユーラシア大陸とアメリカ大陸という二つの陸の塊ができる。生態系も二分され、まったく異なる動物と植物のグループとして発達した。

 ところが、一四九二年、コロンブスの航海は分離した二つの塊を結びつけてしまう。それは地球の生命史にお…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1477文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです