メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『コロンブスからはじまるグローバル社会…』 チャールズ・C・マン著、レベッカ・ステフォフ編著

 ◆『コロンブスからはじまるグローバル社会 1493<入門世界史>』

 (あすなろ書房・1728円)

生命史で最大級の事件

 日常生活のなかで、地球の歴史をたどることなどない。誇大妄想気味に思われるが、地球上にはかつて海に囲まれた超大陸しかなかったという。それが引き裂かれ、ユーラシア大陸とアメリカ大陸という二つの陸の塊ができる。生態系も二分され、まったく異なる動物と植物のグループとして発達した。

 ところが、一四九二年、コロンブスの航海は分離した二つの塊を結びつけてしまう。それは地球の生命史にお…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]