メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『コロンブスからはじまるグローバル社会…』 チャールズ・C・マン著、レベッカ・ステフォフ編著

 ◆『コロンブスからはじまるグローバル社会 1493<入門世界史>』

 (あすなろ書房・1728円)

生命史で最大級の事件

 日常生活のなかで、地球の歴史をたどることなどない。誇大妄想気味に思われるが、地球上にはかつて海に囲まれた超大陸しかなかったという。それが引き裂かれ、ユーラシア大陸とアメリカ大陸という二つの陸の塊ができる。生態系も二分され、まったく異なる動物と植物のグループとして発達した。

 ところが、一四九二年、コロンブスの航海は分離した二つの塊を結びつけてしまう。それは地球の生命史にお…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1477文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]