メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『心理療法がひらく未来…』=リチャード・レイヤード、デイヴィッド・M・クラーク著

 ◆『心理療法がひらく未来 エビデンスにもとづく幸福改革』(ちとせプレス・2808円)

精神疾患、回復効果が続く治療を

 「身体的な病気をもつ人のほとんどが治療を受けているが、一方で精神的な病気をもつ人の三分の二は治療を受けていない。もしあなたの『骨が折れた場合』には自然な流れとして治療を受けることになるが、あなたの『心が折れた場合』にはそうはならないのである」

 精神的な苦痛は、身体的な苦痛と同じくらい現実的である上、身体的な苦痛よりも生活や仕事に支障をきたす…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1430文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 森友交渉記録 「1年間、国民だました」政府対応を非難
  5. 食中毒か 観劇中の中学生ら16人搬送 福岡の商業施設

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]