メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水の事故

東京の大学生死亡 種子島沖でダイビング中

 26日午前11時5分ごろ、鹿児島県・種子島の西之表市国上の浦田海水浴場で、沖合50~60メートルでダイビングをしていた東京都世田谷区代沢3、大学2年、永田義信さん(19)が溺れているのをインストラクターが見つけた。永田さんは心肺停止の状態で岸に引き上げられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 種子島海上保安署によると、永田さんはインストラクター2人と知人3人の計6人でダイビングをしていたという。【杣谷健太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです