メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水の事故

東京の大学生死亡 種子島沖でダイビング中

 26日午前11時5分ごろ、鹿児島県・種子島の西之表市国上の浦田海水浴場で、沖合50~60メートルでダイビングをしていた東京都世田谷区代沢3、大学2年、永田義信さん(19)が溺れているのをインストラクターが見つけた。永田さんは心肺停止の状態で岸に引き上げられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 種子島海上保安署によると、永田さんはインストラクター2人と知人3人の計6人でダイビングをしていたという。【杣谷健太】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
  2. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  3. タクシー 乗務員への悪質行為にイエローカード 北九州
  4. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
  5. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]