メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・大和市

認知症、市が保険契約 議会提案へ

 神奈川県大和市は、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に踏切事故に遭うなどして家族が高額の損害賠償を求められた場合に対応するため、賠償金として最大3億円が支払われる保険に加入することを決めた。30日開会の市議会に補正予算案を提案する。市によると、自治体が公費でこうした保険の契約をするのは全国初という。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文637文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]