神奈川・大和市

認知症、市が保険契約 議会提案へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神奈川県大和市は、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に踏切事故に遭うなどして家族が高額の損害賠償を求められた場合に対応するため、賠償金として最大3億円が支払われる保険に加入することを決めた。30日開会の市議会に補正予算案を提案する。市によると、自治体が公費でこうした保険の契約をするのは全国初という。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集