メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・大和市

認知症、市が保険契約 議会提案へ

 神奈川県大和市は、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に踏切事故に遭うなどして家族が高額の損害賠償を求められた場合に対応するため、賠償金として最大3億円が支払われる保険に加入することを決めた。30日開会の市議会に補正予算案を提案する。市によると、自治体が公費でこうした保険の契約をするのは全国初という。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文637文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです