メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

解釈を優先して/やっと歌を語る=専門編集委員・川崎浩

解釈を優先して

 歌謡曲歌手において「声」の魅力に勝るものはない。音程だリズムだ、と言ったところで声に華がなければ売れっ子にはならない。秋元順子は、何にも増して、まずその魅惑の声にひきつけられる。響きが別格である。天性のものと誤解されがちであるが、鍛錬のなせる業である。

 新曲「夢のつづきを…」(キング)も花岡優平が秋元の声に合わせて詞曲を書いている。「ロマンチックな昭和の懐かしさ漂う歌謡世界。私は『歌の主人公がどうする』など演じることより『この歌は何を表現したいか』という解釈を優先する…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです