寄席

桂歌丸 国立演芸場8月中席 緩急で引き込む=評・濱田元子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立演芸場8月中席は、恒例の桂歌丸による三遊亭円朝もの。14日には81歳の誕生日を迎えた歌丸。今年前半は肺炎などのため入退院を繰り返し、必ずしも体調が万全ではない中、1日おきのトリとなったが、「語り直して牡丹灯籠(ぼたんどうろう)『お露新三郎 出逢(あ)い』」をじっくりと聴かせた。

 「お札はがし」や「栗橋宿」のくだりがよく知られるが、全部を通すと孝助の敵討ちを軸に、因縁が絡み合う複雑なドラマとなっている長編噺(ばなし)。歌丸が今回語ったのは、その発端となる「本郷刀屋」から、お露と新三郎の出会いまで。

 湯島天神の祭礼の日、刀屋で刀を吟味していた飯島平太郎(のち平左衛門)が、酔って供の者に絡んできた黒川孝蔵を斬り殺す。その平左衛門の娘お露は医者の山本志丈の紹介で萩原新三郎と出会い、互いに一目ぼれする。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集